【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 
 
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

「空港のチェックイン」の会話をリスニングして、30日後、どれだけ聞き取れるようになったか確認して下さい

まず、スコット先生のイントロダクションと、日本人女性によるリスニングパワーの効果的な使い方をお話します。

そして、その後に、「空港のチェックイン」を想定した会話が流れてきます。

この「空港のチェックイン」の会話をまずはどれだけ聞き取れるか最初にテストしてみて下さい。

そして、30日後にもう1度聞いてみて下さい。

これから説明するレッスン2からレッスン22までを繰り返し聞くことで、驚く程リスニング力が上達していることを体験するでしょう。

カタカナ英語とアメリカ英語のアルファベットを交互に比較しながら聞いて発音矯正するドリル

スコット先生と、日本人男性が、アルファベットをAからZまで交互に発音します。

このドリルは、スコット先生が日本人の生徒と発音矯正のプライベートレッスンをする時に、もっとも効果的だと感じているレッスンが元になっています。

スコット先生は、生徒にカタカナ英語とアメリカ英語という両極端な発音を聞かせ、今度は生徒に、出来る限りカタカナ英語で発音させ、次に出来る限りアメリカ英語に近く発音させることがあります。

そうする事で、日本語英語とアメリカ英語の違いがはっきりとわかるようになるからです。

このセクションでは、日本人が発音する典型的なカタカナ英語と、スコット先生のアメリカ英語でアルファベットを聞きます。

このセクションを聞く時には、日本人が発音したアルファベットの音がいかに短いか、そして、アメリカ人のスコット先生が発音したアルファベットの音がよく音が伸びている、この違いを意識して聞き分けて下さい。

このレッスンをする事で、自分自身の発音の悪さに気が付くようになり、また正しい英語の音がより明確に聞こえるようになります。

「空港でのチェックイン」の会話を聞くドリル

空港でのチェックインを想定したアメリカ人2人の会話が流れます。

ここで、会話を聞き取れるかどうかは重要では御座いません。

実は、会話のバックグラウンドの音に、周波数を流しているのですが、英語の周波数を聞きながら、英語の会話を聞くことで、耳が徐々に英語の周波数に慣れ、英語の会話が聞き取れるようになってきます。

「A~Zのアルファベット読み」以外の発音方法

A~Zのアルファベットには、それぞれに固有の音があります。中には、アルファベットの名前と完全に違う音のものもあります。

スコット先生が、アルファベットを順番に、AからZまでアルファベット読み以外の他の発音の仕方を教えます。

例えば、Aは、アルファベットだと、「エイ」と発音しますが、アルファベット読み以外だと、「アー(Ah)」という発音をします。

他の例だと、C(シー)の音には、「シー」というアルファベットとおりの発音の仕方以外に、2つの発音方法があります。それは、K(ク)という発音と、S(スー)という発音です。

このレッスンでは、A~Zのアルファベット読み以外の、それぞれのアルファベットの発音方法を学びます。

アメリカ英語の母音の音を、単語と一緒に覚えるレッスン

レッスン5では、アメリカ英語の母音の発音のレッスンをします。

それぞれの母音を発音した後、その母音を含んだ3つの単語を言いますので、アメリカ英語の母音の音を単語と一緒に覚えることができます。

例えば、下記のように、まずは、Uah(ウー)という母音をアメリカ人の先生が発音し、次に、Uahを含んだ単語を3つ言います。

Uah (ウー) blue、 new、 true

そして、バックグラウンドの音に、特別な周波数の音を入れてあるので、母音の音が脳に認識されやすくなります。

英語マスターのキーサウンド「母音」をシャワーのように浴びる

このセクションでは、周波数を解析するソフトで計算した速度で、母音を連続して発音します。

例えば、下記のように、まずは、連続して何度も、ターゲットの母音の音を連続で流します。そして、その母音を含む単語が繰り返し発音されます。

ah ah ah ah ah ah ah ah ah ah ah ah bAt sAt fAt bAt sAt fAt

まるで、耳の中に母音のシャワーを浴びているように感じるでしょう。

このセクションを、何度も繰り返すことで、アメリカ英語の母音の音を脳に新しい音として認識させるので、それぞれの母音がはっきりと聞こえるようになってきます。

日本でよく日本語として使われているカタカナ英語を、ネイティブ英語に直すドリル

このセクションでは、下記のように、日本でもよく親しまれている英単語をアメリカ英語と、典型的な日本語英語の順に交互に発音しますので、アメリカ英語との違いによく注意しながら、聞き比べて下さい。

アメリカ英語のRで発音 「Car」
カタカナ英語のRで発音 「カー」

アメリカ英語のOで発音 「Only」
カタカナ英語のOで発音 「オンリー」

アメリカ英語のFで発音 「Foot」
カタカナ英語のFで発音 「フット」

このセクションをリスニングすれば、アメリカ英語と、典型的な日本語英語の違いがはっきりとわかるようになります。

リスニングパワー効果

カタカナ英語とアメリカ英語を聞き比べて、「正しい母音の発音」を身につけるドリル

スコット先生が今まで25年間、日本人に英語を教えてきた経験から、カタカナ英語に慣れきってしまった日本人が、アメリカ英語とカタカナ英語の違いをはっきりとわかるようになるには、アメリカ英語と、カタカナ英語を、交互に流し、リスニングしながら違いを聞き分けるトレーニングが効果的だとわかりました。

このセクションでは、アメリカ英語と、カタカナ英語で、下記のように、交互に単語を聞き比べます。

アメリカ英語
Mat,Bat,Fur,Her,It

カタカナ英語
マット,バット,ファー,ハー,イット

このドリルを繰り返すうちに、自分の発音の悪さに気づくようになり、自分の発音と、英語本来の発音の違いがよくわかるようになります。

このセクションでは、日本人が英語を聞き取れるようになるのに「大切なキーサウンドとなる母音」を聞いて行きます。

これらの母音は日本語にはない音なので、新しい英語の音を脳にインプットして行きます。

洋画を観ている時等に、日本人が「聞き間違えやすい」2つの似た音を、明確に聞き分けられる2分間の簡単ドリル

「L と R」等、日本人がよく同じ発音として間違えて聞こえてしまう単語を、聞き比べて下さい。

下記の例のように、2つの間違いやすい単語を言った後、その2つの単語が入った例文を言います。

よく聞いてみると、それらの似ていると思っていた単語はかなり違った音であることに気付くでしょう。

その違いが、はっきりわかるようになるまで、何度も繰り返して練習して下さい。

work 仕事 walk 歩く
I often WALK when I go to WORK.
度々、歩いて仕事に行きます。

read 読む lead 鉛
Can you READ the number on the car in the LEAD.
先頭にいる車のナンバーが読めますか?

sought seek(探す)の過去形 thought think(考える)の過去形
He SOUGHT after the person he THOUGHT was missing.
彼は行方不明になったと思った人を探しました。

このセクションを聞けば聞く程、2つの似ている単語の違いがはっきりとわかるようになります。
 
 
>>リスニングパワー公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【リスニングパワー関連サイト】

リスニングパワーの評判は? リスニングパワー【英語勉強方法】

ネイティブスピーク

最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」

リスニングパワー

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

7+English

【7+English】〜60日完全記憶英会話〜 世界の「七田式」の最新英語教材。600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

英検1級対策マニュアル

英検1級対策マニュアル

英語ぺらぺら君初級編

【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

スピーキングパワー

45日で日常英会話をマスターできる!スピーキングパワー

TOEIC完全攻略方程式

TOEIC完全攻略方程式

Hapa英会話

Hapa英会話

英語ぺらぺら君中級編

【英語ぺらぺら君中級編(配送版) 】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座
2018年5月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031